グリーンスムージーを飲みやすい味にするにはどうしたらよいか?

 

グリーンスムージーは初心者の方には、最初は少し飲みにくいようです。
それは、使用する材料などに原因がありそうです。

 

また、野菜が苦手な人もいますね。そのような人にとっては、緑色した得体の知れないものは、飲むのに勇気がいることでしょう。
飲みやすいグリーンスムージーをご紹介していきましょう。

 

グリーンスムージーを楽しめるようにする

 

グリーンスムージーは続けることにより、徐々に効果が得られるので、味は本人の好みの味でなければ到底続けることは難しいでしょう。
粉末のグリーンスムージーもありますが、こちらの方が飲みやすいかも知れません。

 

材料選びがポイント

飲みやすくするためには、使用する材料を選定する必要があります。

 

まずは、灰汁が少なく、クセのない葉物を使用することです。

 

例えば、水菜や小松菜・ほうれん草などの野菜を単一で使用し、果物はバナナやりんごなどを豊富に使うことにより、青臭さはそのまま飲むより少しは無くなります。

 

 

 

甘みをプラス

それでも「ちょっと…」という方は、その他に旬の果物を加えても良いですし、オリゴ糖やハチミツを入れることにより飲みやすくなります。

 

また、ヨーグルトや豆乳などを使うと違う味になりますね。
どの味だと抵抗がなくなるのかを探すことも楽しみの一つとしては如何でしょうか。

 

失敗しないスムージー

野菜なら何でも良いということではなく、上記のようにクセのない野菜を使用すること。
そして、通常は野菜と果物の配分は6:4なのですが、慣れるまでは5:5で水菜とりんご・バナナという具合に少ない種類で始めることが良いです。

 

 

ほうれん草や小松菜などはミキサーにかけると細胞が破壊されるとエグミが出てしまうので、クセのない水菜が一番オススメです。
また、りんごやバナナは甘味がありますし、それでも青臭さを感じてしまう場合には、他の果物を入れることによって臭いを消すことができます。

 

初心者におすすめな野菜と果物

初心者におすすめの野菜

  • 水菜
  • レタス
  • サニーレタス
  • サラダホウレンソウ
  • モロヘイヤ など

 

 

また、必ずバナナは入れましょう。
バナナは甘味もありますし、食物繊維もあります。

 

糖質は極力控えたほうが良いのですが、少なめにオリゴ糖やハチミツを入れることで、酵素や乳酸菌なども取れますし、豆乳ですとイソフラボンも摂取できますね。

 

飲みやすいグリーンスムージーレシピ

@・オレンジ(ネーブル)1個・キウイ1個・バナナ1本・水菜・水200cc
A・バナナ2本・サラダホウレンソウ2束・リンゴ2分の1・水150cc
B・バナナ 1本・イチゴ 1パック ・キウイ 2個・小松菜 1袋・水 200cc

 

上記のレシピにも必ずバナナが入っていますね。

 

グリーンスムージーのレシピをもっと見る!

 

目的にあったオノゴ糖を選ぼう!

 

グリーンスムージーのレシピにもよく出てくるオリゴ糖。
スーパーなどで売られている安いオリゴ糖の中には、オリゴ糖より砂糖の割合が多いものもあるんですよ。
砂糖の代わりにオリゴ糖を使っていたつもりが、実は大半が砂糖だった…なんてことになっては困ります。

 

また、いろいろな種類のオリゴ糖がありオリゴ糖によって働きも違ってきます。
商品によって使われているオリゴ糖が違います。
どうせ入れるなら、目的に合ったオリゴ糖を入れたいですよね。

 

グリーンスムージーに加える際の参考にしてください。

 

腸内環境を改善したい!

腸まで届きやすい難消化性の乳果オリゴ糖がおすすめ。
ラクトスクロースとも呼ばれるオリゴ糖です。

 

そしてもうひとつ、大豆オリゴ糖
大豆オリゴ糖は、少量でビフィズス菌をたくさん増やしてくれるオリゴ糖です。
豆乳で代用するのも良いですね。

 

ダイエットしたい!

脂質代謝を改善してくれるのは、ガラクトオリゴ糖
ガラクトオリゴ糖は、大豆や乳製品に含まれています。
そのほか、ミネラルの吸収やたんぱく質の消化吸収を助ける働きもあります。

 

まとめ

慣れない初心者は果物の量を増やし、必ずバナナを入れて青臭さを消しましょう。

 

どうしても、自家製のグリーンスムージーがダメな方は、粉末のグリーンスムージーでりんご味やマンゴー味などのバリエーションを楽しむことも良いでしょう。

目的で選ぶスムージー選び♪



関連ページ

朝夜に一日二回飲める!健康グリーンスムージーの極上プレミアムレシピ
スムージーは基本的に1日に何度飲んでも大丈夫です。最初のうちは1〜2L飲んだ方が良いということですから、何も問題はありません。
夏に続けられる!涼しくて美味しいグリーンスムージーレシピまとめ教えます!
グリーンスムージーの基本となるのは、「緑色の葉物野菜を主原料として使う」ということですが、夏に飲む場合は、とにかく涼しげでおいしいものが欲しくなりますよね。
どうしたらいい?グリーンスムージーを保存する適切な方法とは?
グリーンスムージーの材料を買いだめしたのは良いが、作ってから保存したほうが良いのか?それとも材料のまま保存した方が良いのか?保存方法と賞味期限についてご説明いたします。
教えて!美味しいグリーンスムージーの基本的なレシピって?組み合わせとは?
ハリウッドセレブの間で好評のグリーンスムージーが日本でも大人気となった今、愛飲者は急増中です。
身体の内側から効く!今話題のココナッツオイルのグリーンスムージーレシピ
ココナッツオイルがダイエットやその他身体を動かすエネルギーなど、活動に必要な要素として注目を浴びています。
【グリーンスムージーメモ】 余った食材の保存方法ガイド
美味しさアップ&栄養アップのサポート食品の効果まとめ
グリーンスムージーは、ダイエットを目的とした若い方だけでなく、健康管理を目的に高齢の方からも支持されています。しかし、飽きてしまうと、その効果は減ってしまいます… そこで、今回は、グリーンスムージーを長く飲み続けられっるようなレシピを紹介させて頂きます。
チアシードも取れる本格スムージーと粉末スムージーレシピ
ベジフルスムージーダイエットと、チアシードを使ったスムージーのレシビを公開。
大人のグリーンスムージー※お酒、カクテルにできるスムージーレシピ三選
グリーンスムージーを使ったレシピは、いろいろありますよね。今回は、その中から、カクテルを使ったレシピを紹介します!参考にしてみてください。
冬に美味しく飲める!ホット【hot】グリーンスムージーレシピ三選
グリーンスムージーを続けたい!でも、寒い季節にはちょっと・・・そんな方に、今回は冬でも飲み続けられる温かいレシピを紹介します!参考にしてみてください。
ミランダ・カーのスムージーレシピとオススメアレンジで味変え作戦♪
ミランダ・カーもハマっているというスムージー。彼女のスムージーレシピをご紹介します。また、それをさらに日本人向けにアレンジしたオリジナルレシピもご紹介します!