冬に美味しく飲める!ホット【hot】グリーンスムージーレシピ3選

ほっとスムージー

寒い季節が近づくにつれて飲みたくなるのがホット飲料ですよね。
街中でもホットコーヒーにホットミルク、ココアに緑茶、ホットレモンetc・・・などいろいろなホット飲料が出回る冬。

 

確かに周囲の温度がどんどん下がってくると、冷たいものより温かい飲み物が飲みたくなるのが自然ですよね。

 

冷やした牛乳や豆乳で美味しく飲めるグリーンスムージーは、暑い夏にはピッタリなドリンクでしたが、

  • 「冷え性だから冬にはグリーンスムージーが飲み続けられない」
  • 「体温を高めるのにグリーンスムージーって向いていないんじゃないの?」

とお考えの方も実際のところ多いようです。

 

しかしそれは逆に、ホットな飲み物にしてしまえば、冬でも冷え性の人でもグリーンんスムージーが飲み続けられる、ということですね。
スムージーを続けることで体内からきれいになってきているのに、それを“冬だから”という理由でスパッと止めてしまってはもったいない!!

 

そこで今回はそんな時期にオススメな、ホットなグリーンスムージーをご紹介したいと思います☆

 

ホットなグリーンスムージーでできる体に良いコト

常温や冷やしたグリーンスムージーももちろんですが、温かいタイプのグリーンスムージーではさらに体への好影響が望めます。

 

体温上昇

温めた素材と、素材そのものの温効果により、動をしても夏に走ってみても手先だけは冷たい・・・というような、極度の冷え性体質を改善する効果があります。

 

新陳代謝UP

毛穴の詰まりや皮脂の溶解を進めて美肌環境を整えるのに、新陳代謝の良さが必要不可欠です。ホットスムージーを飲むと体が芯から温まるため新陳代謝が活発になり、美肌づくりが順調に進みます。

 

基礎代謝率UP

ホットスムージーを運動前に飲むことで体温が上昇し、運動の効果が得られやすくなります。その結果基礎代謝が上がるようになり、ダイエットに成功しやすくなります。

 

ホットスムージーを飲むときの注意点

様々な疾患を和らげたり美容効果を高めたりするホットグリーンスムージーですが、2つの注意点があるので見てみましょう。

 

温かい内に飲む

上記の効果が得られるホットスムージーも、冷めてしまっては普通のグリーンスムージーと変わりありません。

 

体温を高めたり冷え性を改善したいといった目標を持って飲む場合には、必ず温かい内に飲み切るようにしましょう。

 

ビタミンCの破壊に気を付ける

熱に弱いビタミンCが含まれる食材を使う場合には、ホットスムージーの熱での破壊が進行されることを考慮に入れる必要があります。

 

美容に効くビタミンはビタミンCばかりではないので、ホットスムージーでは、壊れやすいビタミンCではなく、他の成分摂取を目標にすると良いでしょう。

 

レシピ紹介

ほっとスムージー

それでは肝心の、ホットグリーンスムージーのレシピ紹介に移ります。

 

ホットグリーンスムージー レシピ1

 

冬の野菜と体を温める生姜を使ったスムージーです。マイルドな飲みごたえですよ。

  • 小松菜:1束
  • 柿:1個
  • 生姜:1片
  • 豆乳:200ml
  • 黒砂糖:小さじ2杯

ほっとスムージー

ほっとスムージー

ほっとスムージー

 

(手順)

  1. 小松菜をきれいに洗って適当な長さに切りましょう。
  2. 皮を剥いた柿を切り、小松菜と共にフードプロセッサーでペースト状にします。
  3. 2に生姜のすりおろしと黒砂糖を加えて混ぜます。
  4. 豆乳を耐熱カップなどに入れ、電子レンジで加熱します。沸騰させないよう注意しながら、20〜30秒ずつ様子を見て加熱していきましょう。
  5. 豆乳がほど良く温まったら3を入れて静かに混ぜます。
  6. 冷めない内にお召し上がりください。

 

ホットグリーンスムージー レシピ2

 

食べるスープのようなスムージーです。栄養豊富なので、冬の免疫系を鍛えるスムージーとして最適ですよ。

  • 洋ナシ:2分の1個
  • さつまいも:3分の1本
  • ブロッコリー:3〜4房程度
  • ブラックペッパー:少々
  • はちみつ:大さじ1杯
  • 生クリーム:大さじ1杯
  • 牛乳:200ml

ほっとスムージー

ほっとスムージー

ほっとスムージー

 

(手順)

  1. さつまいもは蒸し器や電子レンジ調理器で蒸し、そのまま食べられる程度にまで加熱します。
  2. 洗ったブロッコリーを1分ほど電子レンジで加熱します。
  3. フードプロセッサーに、適当な大きさに切った洋ナシ、ブロッコリー、さつまいもを入れてペースト状にします。
  4. 生クリーム、はちみつ、ブラックペッパーを加えてさらに混ぜましょう。
  5. 電子レンジでホットミルクをつくります。牛乳は、沸騰しないよう注意しながら温めましょう。
  6. 4に、ホットミルクを加えてゴムベラなどでゆっくりと混ぜ合わせれば完成です。

 

ホットグリーンスムージー レシピ3

 

  • りんご:2分の1個
  • 生姜:1片
  • ドライプルーン:2個
  • くるみ:1個
  • シナモンシュガー:小さじ1杯
  • 水:200ml
  • ブランデー:お好みで

 

ほっとスムージー

ほっとスムージー

ほっとスムージー

ほっとスムージー

 

(手順)

  1. りんごを適当な大きさに切り、フードプロセッサーでペースト状にします。
  2. くるみとプルーン、生姜をみじん切りにします。
  3. 水を小鍋で沸騰させます。
  4. 沸騰したら、鍋に1と2の食材を入れて弱火で煮詰めます。
  5. 甘い香りがしてきたら完成です。
  6. カップに移し、お好みでブランデーを数滴入れてみてください。

 

ホットグリーンスムージー レシピ4 〜粉末スムージーを使って〜

 

おまけレシピとして、粉末タイプのグリーンスムージーを使用したレシピをご紹介します。これまでずっと粉末スムージー派だった方はもちろん冬は手づくりスムージーをつくるのは面倒だと思われた方も、一度ぜひお試しください。

  • 粉末スムージー:2食分
  • ピーナッツバター:大さじ1杯
  • 牛乳:200ml
  • はちみつ:小さじ1杯

 

ほっとスムージー

ほっとスムージー

 

(手順)

  1. 電子レンジなどで牛乳の半量を温めます。ホットミルク用のモードなら自動で、通常のモードなら500wで20〜30秒程度ずつ様子を見ながら温めましょう。熱い内にピーナツバターを溶かしておきます。
  2. 残り半量の牛乳と粉末スムージーをシェーカーに入れ、よく振り混ぜます。
  3. カップに2を注いだら、1のホットミルク&ピーナツバターを静かに加えて混ぜましょう。お好みで、はちみつを溶かしてお召し上がりください。

目的で選ぶスムージー選び♪



関連ページ

朝夜に一日二回飲める!健康グリーンスムージーの極上プレミアムレシピ
スムージーは基本的に1日に何度飲んでも大丈夫です。最初のうちは1〜2L飲んだ方が良いということですから、何も問題はありません。
夏に続けられる!涼しくて美味しいグリーンスムージーレシピまとめ教えます!
グリーンスムージーの基本となるのは、「緑色の葉物野菜を主原料として使う」ということですが、夏に飲む場合は、とにかく涼しげでおいしいものが欲しくなりますよね。
グリーンスムージーが好きになる!飲みやすい味にするにはどうしたらよいか?
グリーンスムージーは初心者の方には、最初は少し飲みにくいようです。それは、使用する材料などに原因がありそうです。
どうしたらいい?グリーンスムージーを保存する適切な方法とは?
グリーンスムージーの材料を買いだめしたのは良いが、作ってから保存したほうが良いのか?それとも材料のまま保存した方が良いのか?保存方法と賞味期限についてご説明いたします。
教えて!美味しいグリーンスムージーの基本的なレシピって?組み合わせとは?
ハリウッドセレブの間で好評のグリーンスムージーが日本でも大人気となった今、愛飲者は急増中です。
身体の内側から効く!今話題のココナッツオイルのグリーンスムージーレシピ
ココナッツオイルがダイエットやその他身体を動かすエネルギーなど、活動に必要な要素として注目を浴びています。
【グリーンスムージーメモ】 余った食材の保存方法ガイド
美味しさアップ&栄養アップのサポート食品の効果まとめ
グリーンスムージーは、ダイエットを目的とした若い方だけでなく、健康管理を目的に高齢の方からも支持されています。しかし、飽きてしまうと、その効果は減ってしまいます… そこで、今回は、グリーンスムージーを長く飲み続けられっるようなレシピを紹介させて頂きます。
チアシードも取れる本格スムージーと粉末スムージーレシピ
ベジフルスムージーダイエットと、チアシードを使ったスムージーのレシビを公開。
大人のグリーンスムージー※お酒、カクテルにできるスムージーレシピ三選
グリーンスムージーを使ったレシピは、いろいろありますよね。今回は、その中から、カクテルを使ったレシピを紹介します!参考にしてみてください。
ミランダ・カーのスムージーレシピとオススメアレンジで味変え作戦♪
ミランダ・カーもハマっているというスムージー。彼女のスムージーレシピをご紹介します。また、それをさらに日本人向けにアレンジしたオリジナルレシピもご紹介します!