ひと手間加えて!市販のグリーンスムージーに食物繊維を足すレシピ大公開

プラス食物繊維

グリーンスムージーの役割は?

数ある健康食品の中でも、既にその分野の代表的なものとして君臨し始めているグリーンスムージー。しかし、グリーンスムージーと言っても様々な種類がありまして、自分で作ったタイプもあれば市販の粉末タイプのものもあるでしょう。

 

このグリーンスムージーは毎日摂取することで健康に良い効果を発揮されますので、自分でスムージーを作って消費するとなると野菜や果物などの食材の購入を頻繁行わなければなりません。

スムージー

しかし、利用される方のほとんどは毎日時間を掛けずに飲みたいと言う方がほとんどになりますので、市販の粉末グリーンスムージーが今後も一層市場拡大して行くと見られます。

 

それでも、グリーンスムージーを飲む方の多くは漠然と体に良いとは分かっていても、具体的にどう良い効果を体に与えてくれるのかについては意外に理解されていいないと言えるのです。

スムージー

グリーンスムージーを語る上で切り離せないのが食物繊維と呼ばれる栄養素になりまして、食物繊維は食べ物から摂取・吸収しなければならないのでそれを極めてスピーディに実現してくれるものとしてスムージーが注目されているのでしょう。

 

また、このグリーンスムージーに
より多くの食物繊維を追加して効果を高めよう
とする流れも出て来ています。

 

食物繊維の重要性を知る!

ポイント

グリーンスムージーを摂取する大きな意義とも言える食物繊維ですが、実際にこれがどのように体に好影響を与えてくれるかは知られていません。

 

しかし、この食物繊維の重要性を良く理解して摂取すると、より一層グリーンスムージーを楽しむことができることでしょう。ここでは食物繊維の重要性を良くチェックして行きましょう。

 

基本的に食物繊維は、2つの大きな機能を持つことで知られています。

腸内環境

それは、大腸内に繁殖する悪玉菌をキャッチして排出することと善玉菌が繁殖するための餌としての働きになる訳です。

 

このため、食物繊維を含む食材を多く摂取しますと、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことになりますので結果的に腸内環境を非常に良く整えてくれることになります。

 

それでも、ここで間違ってはいけないのが食物繊維を多く取れば取るほど体に良いと勘違いしている方が多いことと言えるでしょう。上述の腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスの良さによって保たれていますので、本来腸内に好影響を及ぼす善玉菌が増えすぎても決して良くありません。

 

よって、食物繊維の摂取を大きな目的としたグリーンスムージーに関しても、必要以上の容量を摂取することは良しとされないでしょう。

 

スムージーの効果的な飲み方

ダイエット

女性にとって非常に切実な問題と言えばダイエット。現在、多くの女性はグリーンスムージーを使って体重をコントロールされようとするかもいらっしゃいまして、こだわる方になりますと色々なタイプのスムージーにトライされることも良くあることです。

 

しかし、このダイエットを迅速に進めて行くことを考える場合、如何にグリーンスムージーを効率的に摂取するかと言うことを考えなければなりません。

 

つまり、飲み方を間違えると思うようにダイエット効果が出ないからになります。

 

でも、ズバリ効率的な飲み方ってどのような方法でしょう?

それは、グリーンスムージーが体内への吸収率がより大きい時間帯を選んで摂取すると言うことです。

 

また、胃が空腹な状態でスムージーを飲むことが非常に吸収性も高めますので、やはり朝起きてすぐの時間帯に継続的に飲むことが良いとされています。

 

ポイント

昼や夜にグリーンスムージーを飲んでも効果がないと言うことはありませんが、通常は朝食時に食べた物が胃に残っていますと上述のような良質な吸収性は望めないと言えるのです。

 

既に食物繊維たっぷりのグリーンスムージーを毎朝飲んでいる方で、あまり効果が感じられない時はぜひ飲み方を変えてみると良いのではないでしょうか。

 

食物繊維を足すレシピを見る!

グリーンスムージー市販のものや手製のものを問わずに食物繊維が多く含まれている訳ですが、これを飲み続けているのにも関わらずその効果をイマイチ実感できない場合もあります。摂取する食物繊維の量が足りないとも考えられますので、様々な方法にて食物繊維を足すことができます。

スムージー

グリーンスムージーを使った派生レシピとしては、やはりスムージーの様々なフルーツを入れて食べるレシピが食物繊維をより多く体内取り込むためには良いのです。

 

スムージー

この場合に適したフルーツと言うのがありまして、その中でも特にリンゴは良いとされているでしょう。

 

これはリンゴをスムージーに絞って食べると言うよりも、リンゴを食べながらスムージーも一緒に摂ると言うやり方になります。

 

リンゴを小分けしたものをスムージーの中に入れて食べるケースもOKでして、これは特に市販のグリーンスムージーには非常に効率的な方法なのです。

 

バナナ

また、市販のグリーンスムージーへの食物繊維アップに効果があるレシピとして、バナナを入れて食べると言うことも大変良いでしょう。

バナナの場合は少量をスムージーの中に入れるのがコツでして、あまり大量に入れますとカロリー自体が増える可能性がありますのでボリュームアップできる程度がオススメと言えます。

 

食物繊維と一緒に摂りたい栄養素

便秘を抑えて、健康改善ひいてはダイエットなどの美容効果も達成してくれるとされる食物繊維。かつてはこれほど注目される栄養素ではなく、そもそも栄養素として認められていいない時代もあったくらいです。

やじるし

しかし、現在におけるダイエット関連の健康食品はこの食物繊維を中心に開発されていることも多く、食物繊維は美容における立役者とも言うべき栄養素となるでしょう。それでも、意外に知られていないのが食物繊維だけ摂取してもあまりその力を発揮されないと言えます。

野菜

実は食物繊維の力量発揮についてとても相性の良い栄養素がありまして、それは糖質になると言われています。つまり、甘さが食物繊維の力を大きく増幅してくれることでしょう。また、食物繊維は水分とも非常に相性が良く、確かに水分を摂ると便意を催すことになりますので食物繊維にとって良い環境になると言う訳ですね。

 

これを総合しますと、グリーンスムージーは食物繊維のための健康食品と言っても過言ではなく、上述のように糖質や水分が効率的に摂取できるように設計されているといえます。

 

グリーンスムージーのほとんどを見ればその味は甘めで飲みやすく、飽きないものが多いので良く作られていることも理解できるでしょう。

 

ストレスにならないレシピ構築

最近は市販のグリーンスムージーを使って、自分好みのスムージーに作り上げることもあるようです。その中には本当に努力されて、自分にとって良い形のものを作り上げられているケースも存在しています。実際このようなケースは、スムージーの効果を高めていることも多いのです。

スムージー

しかし、グリーンスムージーの基本は飲用を毎日続けると言うことでして、それをすることで初めて健康状態が長期的に保たれるようになるでしょう。

 

そのため、非常に重要なことはオリジナルのスムージーを毎日作るのにストレスになってはいけないと言うことになります。

 

良くストレスになるオリジナルスムージーになりますと、様々なテイストを加えるためにフルーツを自分で絞って市販のスムージーに入れますがこの行為は最初のうちの除いて意外にストレスに感じる方が多くなるでしょう。

 

これによって、フルーツなどを使う場合は絞りなどせずに、フルーツ自体を切る程度に用いて一緒に食べることが無難と言えます。

 

テレビでは職人が作ったようなグリーンスムージーが紹介されることもありますが、それを自分で毎日作って続けることは非常に難しいと言えます。ぜひ身の丈に合ったスムージーを作り上げてください。

目的で選ぶスムージー選び♪



関連ページ

水菜を使った朝から飲みやすいグリーンスムージーのメリットと効果を教えます!
水菜を使用したスムージーは初心者からベテランまで、グリーンスムージーを作る上で基本の種類として活用されています。
グリーンスムージで好きなレシピ嫌いなレシピ口コミまとめ
ダイエット・美容・便秘改善を行う上でもグリーンスムージーを続けることが一番大切。グリーンスムージで好きなレシピ嫌いなレシピ口コミまとめてみました!
無印良品の グリーンスムージーがヤバイ!美味しい食べ方完全ガイド
無印良品のグリーンスムージーにはダイエット効果があるなど、注目が集まっています。また、味の種類はどんな物があるのでしょうか?ここでは、無印のグリーンスムージーをいかしたダイエット方法と、アレンジしたおいしい飲み方をご紹介します。
ウコンを使ったスムージーで肝臓健康レシピのススメ
ダイエット・美容・便秘改善を行う上でもグリーンスムージーを続けることが一番大切。ウコンを使ったスムージーで肝臓健康レシピのススメを解説